USB3 Vision® カメラ側ライブラリ

機能概略
産業用カメラインターフェースUSB3 Vision® V1.01準拠のファームウェアライブラリです。
USB3 Vision®は、現在ほとんどのPCで標準搭載されているUSB3.0を使用した産業用カメラ規格で、フレームグラバも不要で安価にシステムを構築できる上、実効レートで2.5Gbps以上の性能を手軽に出すことができます。
データの信頼性はUSB規格のリンクレイヤー側で担保され、原則としてデータロストが発生せず、また比較的PCの負荷も軽いのが特徴です。
デマンドクリエイション社製USB3 Vision® ライブラリは、Xilinx®社製FPGA ZYNQ Ultrascale+で動作し、デバイス内蔵のUSB3.0ハードコアブロックを使用することで、一般的なIPコアのようにFPGAファブリックを消費することなく、ファームウェアのみで動作します。
ステレオカメラやAIによる画像認識処理などの結果を、追加のFPGAコストや、USB3.0用の外付けデバイスを用意することなく、PCへ高速に転送することが出来ます。
ファームウェアを動作させるプロセッサとしては、Cortex-R5 が使用できます。画像処理に必要なCortex-A53のリソースを 消費しません。
特徴
  • 画像データはフォ ーマット の異なる 複数のコ ンポーネントを一度に送信可能。
  • Chunk Dataに対応。これによりコンポーネントの識別や、画像認識結果の情報などを画像データに付加することが可能。
  • XMLデータはコードに埋め込めるほか、SDカードに書き込むことでも組み込みが可能。
  • 動作に必要なメモリーは、400kByte程度。このほかにフレームバッファの為の領域が必要。
  • 実際にUSB3 Vision®カメラとして動作するリフ ァ レンスコードが付属
  • リファレンスデザインはUSB3 Vision®の認証に必要なValidation Suiteテスト及びUSB3 Command Verifier Chapter 9 Testをすべてパス
ブロック図
対応FPGA
Xilinx®:ZYNQ Ultrascale+   
パフォーマンス
  • Intel®Z390チップセットのUSB3.1 Gen1ポートへ接続
  • 2560x2048 8bit monoフォーマットで連続撮像
  • eBUS Playerを使用し、2680Mbpsの性能
評価ボード
Ultra96やZCU104などを使用しての評価、開発が可能です。
詳しくはお問い合わせください。
型番、ライセンス形態
FPGAによくあるプロジェクトベースライセンスではなく、プロジェクトフリーのサイトライセンスでのご提供となっており、少量多品種製品をお作りのお客様にもお求めやすいライセンス形態となっております。

年間サイトライセンス。
バイナリ提供。
6ヶ月サポート

DC-U3V-TX-BIN-ZUSP

※デバイスファミリーはZYNQ Ultrascale+のみ対応となります。
同じデバイスファミリーであれば、どの規模のデバイスでも使用できます。

パーマネントライセンス。
ソースコード提供。
12ヶ月サポート

DC-U3V-TX-SRC-ZUSP

※デバイスはその時点サポートしているものすべて対応となります。

DC-CXP-SUPPORT-1Y 1年間サポート/アップデート対応 その他カスタマイズにも対応いたします。
パンフレットダウンロード
USB3 Vision® IPコア プロダクトブリーフ